スーパーのレジ打ち

私がおもしろいと感じた仕事はスーパーのレジ打ちです。
元々、私はスーパーで品出しの仕事をしていました。
そこまで大変だとは思わなかったのですが、毎日商品を揃えたり運んだりするのはなかなか退屈に感じてきていました。
また、品出し中は中腰になったりするのでよく腰を痛めていました。

研修期間が終わった後はレジ打ちを任されました。
はじめのうちは上手くできるか不安に思い、失敗も多くしてしまい、そのたびに他のレジの人や店長に助けられていました。
しかし、普段使わない機械に触れたりするのは楽しく、普段何気なく使っているレジはこうなっているのかと知るのがとても楽しく思えました。
商品を通すと、商品名と値段が表示され、合計ボタンを押すだけで商品の合計金額が出るのは科学の進歩だと思いました。
また、お金を入れるとその分のお釣りが勝手に出てきたり、小銭などを機会に通すとそれぞれ仕分けして種類ごとに分けられたりすることなど
普段は知らないようなことが色々知れました。

また、レジ打ちはお客さんと接する機会も多く、人が少ない時は雑談に華を咲かせたりなど、コミュニケーションの大切さも知ることが出来ました。
お客さんと話しながら、自分の好きな機械というものに触れることができるこの仕事を私はとても楽しく思っていました。
家の都合でその仕事を一度やめることになってしまいましたが、もしまた仕事を始めるのなら是非レジ打ちの仕事をしたいと思っています。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.