USJで子供の身長を測る仕事。

USJが、出来たのが私が16歳のときで、USJで働くのが夢でした。
当時は、面接の合格の倍率がかなり高く、ダメもとで受けてみると合格
。雇用形態は、3ヶ月更新の期間契約アルバイト。配属先は選べない。
でも、私の中ではどこでもよかった。
ワクワクしながらの初出勤。
5センチくらいある、指導本、テキスト、すごい量の本でした。
ただ、配属先によっては全然必要なかったりしました。
私の配属先は、ジュラシックパークの前で子供の身長を測る仕事。
毎日、毎日様々な子供達と出会い、会話をする。
初めての、接客。
小さい女の子、身長ギリギリだったけど乗車出来、出口は少し離れた場所なのに、戻って来てくれて「ありがとう」と一言。初めての接客でこんな体験ができるなんて!と思いました。
さぁ、次の子供!と、思って見る限り明らかにこの子は小さいな、と、思う子に声をかけて、身長を測る。
2人目は、少しやんちゃそうな男の子。
「身長測るから、ここに立ってなー」と、言うと、思いっきり足を蹴られ、「俺、そんな小さくないわ!」と、怒られました。
それも、そのはず。
1人で乗れる身長と、親と同伴で乗れる身長が、あり、小さい方で測ってしまったのです。
怒られて当然でした。
その後も、いろいろな子供と出会い、お手紙をもらったり、暖かくしたカイロを持って来てくれる子がいたりします。
期間満了になると双方が、働いてほしい、働きたいとなった場合更新されるんですが、私は同じ所を希望して、それを1年以上続けました。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.