主にタウンワークを使用します。希望の仕事がある際は、そちらのホームページを検索して募集しているか確認します。

初めてのアルバイトは高校1年生の時。
前を通った際たまたまアルバイト募集の看板があった「すき家」です。
人生で牛丼屋さんに入ったことも無かったのですが、なんとなーく応募。
即面接、即採用していただき、バイトリーダーの方に牛丼をご馳走していだだきました。
牛丼屋さんに行ったことがなかったので、知らなかったのですが、スタッフはほぼ男性で、お客様も男性が多いのですね…。
初めてのアルバイトということで、すごく緊張していましたが、私が最年少ということもあり、みなさんすごく優しくしてくださいました。
その後も他のアルバイトを経験しましたが、こんなに人間関係の良い職場はありませんでした!
肝心のアルバイトは、本当に大変でした。
回転率の良いファストフードなのに、ランチタイムとディナータイムは常に満席状態。
そんな中スタッフは2人。
1人は厨房で牛丼やカレー、どんぶり物を作って、食器を洗って、
1人は接客、レジ、片付け。
広い店内だったので、結構しんどかったです。
少し前に話題になりましたが、ワンオペ(一人でお店をまわすこと)もあり、そのときは本当に本当に大変すぎて、終わった頃には記憶が無くなっていました。
でも働くに連れてそんなことは当たり前となり、スタッフ2人いるだけで「今日は楽だなー!」なんて思うようになりました。
慣れって凄いですね。
牛丼屋さんって、常連のお客様がかなり多いです。
しかも大体同じ時間に来店されて、いつも同じメニューを頼む。
なので、19時にはあの常連さんが来るから、あのセット用意しとこう。
20時にはあの軍団が来るからビール多めに冷やしておこう。
など毎日事前準備をしていました。
また、私が唯一の女の子だったので、お客様も覚えてくださる方が多くて、話し掛けてくださったり、お菓子を買ってきてくれたり…
お客様にもスタッフにも可愛がってもらっていたと思います。
良いお客様が多かったですが、中には少々面倒なお客様もいて、アドレス教えてよー!や遊びに行こうよー!などなど。
高校1年生だった私はどう対応したら良いのかわからず苦笑いしか出来ませんでしたが、慣れてくるとテキトーにあしらう事も覚えていました。
この仕事をきっかけに接客業が好きになり、一年ですき家を辞めて、接客業のアルバイトをすることにしました。
初めてのアルバイトがすき家だったので、それ以降にやったアルバイトがすごく楽に感じます。笑
はじめはすごく大変だったけど、今となっては良い経験です。

 

お金借りたい 即日